staff のすべての投稿

十二月(2023)のトップページ画像を描きました。

朝は一日の中でも、特に神経を尖らせる時間。
目が覚めたら、もう全てをフルスピード。
イッタイいくつのタスクをこなしていけば、ゴール(会社に到達)できるのか・・・
それこそ5秒単位でのタスクを一個づつ積み上げ、
ようやく会社に事故無く到着できた時、
毎日のようにホッと胸をなでおろす。
この毎日毎日時間無いの、何とかなりませんかね??

さて、と・・・
もう12月ですよ、早いのはもう毎月書いてる通り早いんですけども、
今年は秋がなかったですよね・・・
11月というのに、126年ぶりに連続の夏日があったかと思うと、
それがまた急に外気温10℃未満とか・・・フロントガラスが無事に凍り付きましたけども、
その後また暑い日に急に戻り、また今・・・昨日の夜から冬ですよね。

12月といえば、もう皆さん一様に考える事は同じでしょう、
クリスマスですよね。
ワタシももうそれしかない。
ただ・・・今年は、ウサギのキャラを使って一年間通して絵を描いて来ました。
その締めくくりにふさわしい絵は何か?と考えると・・・
そう、ウサギとカメ、でした。
ウサギさん、ゴール目前で、寝ちゃいましたよ・・・油断したのかしら??
でも、ま・・・
ウサギさんのお相手のカメ・・・いらっしゃらないのですよ。
何せ、自分が甲羅背負ってるんですもの。笑

このままいつまで経ってもゴールはやって来ないまま、やがて2024年を迎えるのでしょう。
はい、
皆様、2023年はウサギのキャラ「甲羅bit」君にお付き合いくださり、ありがとうございました。
来年は・・・
ゴールで待ってますよね・・・そう、辰年なんで竜のキャラ描いちゃいました。
なんとなんと、竜の着ぐるみを着た大アリクイ、なんです。笑
何でか?
よく分かりません。成り行きです。笑

では、皆様、良いお年をお迎えくださいませ・・・まだひと月ございますけども、
ブログ上ではご挨拶をさせていただきます。
2023年、どうもありがとうございました。

十一月(2023)のトップページ画像を描きました。

十一月のトップページの説明の前に、
十月の事を少し書きましょうか・・・本来ならば、別記事に書くところですが、
今回はいいや、一緒にしちゃえ。笑

毎年の事ではありますが、
年によっては仕事内容によって撮影に出れないのですが、
今年は行けそうだったので行って来ました、アサギマダラという蝶の撮影。
parantica_sita2023_3
しかしまぁ・・・見てください、
今回撮った写真の殆どが、このような蝶だけブレブレ・・・蝶だけに超ブレブレ。
ナンダコリャイッタイ・・・撮影モードの失敗なのか、単純にワタシの腕が悪いのか、
はたまたカメラがご機嫌斜めだったかただの目の錯覚なのか、いろいろありますが、
まぁ、撮れていないものは仕方ありません。
parantica_sitas2023_2
昨年は居なかったと思いますが、ヤギが居ましたよ。メェ~♪
と言う事で、ちょっと目線をズラして、と、まぁ、他にもう一枚載せておきましょうか、
このくらいは飛来してたんだよ、という感じで、伝わると良いな。
parantica_sita_2023_
実は、この蝶が飛来するフジバカマという花なのですが、
秋の七草の一種らしいのですが、TVで絶滅危惧種だと言ってるのを知り、
蝶よりもコッチ撮らないとダメなんじゃない?なんて思った、その意識が勝っちゃったのかなぁ??

まぁ、実はもう一個目的があって、
どっちかというとコッチメインで行ったような節もあります。
parantica_sita2023_4
蝶の撮影は早々に切り上げ、コッチに向かいました・・・
と・・・
えーと・・・よく分かりませんが、このキャンプ場の写真が、ズームした物しか無い・・・
苦笑
えーとスミマセン、何しに行ったのかよく分かりませんが、2023年9月24日(日)にオープンした事をお伝えしておきますネ。

という事で、
十一月のトップページ画像なのですが、
見たままですね、
RPGゲームの一部分を切り取ったような仕上がりにしました。
秋なので、もみじを描こうと思ったのですが、
キャラを入れないといけなくて・・・あ、じゃ、ま、もみじ饅頭だな、と。あ、商品なので書かない方が良いのかな?
ま、今回はいいや、
もみじ饅頭だけ描いてもアレなので、
サンマソードでも持たせるかなぁ、って思って、って背景描いたりしてたら、あ、
ゲームじゃないの?と。
まるで、企業のHPのトップだとは思えませんが、
はい、今月はコレでいきます、どうぞ一か月間お付き合いくださいませ。

十月(2023)のトップページ画像を描き直しました。

アぁ・・・はかない命だった・・・
はい・・・
10月のトップページを描き直しました。
空飛ぶホウキで城に戻る甲羅bit(ウサギのキャラ)とハロウィンカボチャは必死で走ってます・・・
前がはだける程に。
クククッ・・・
15分程度で描き直したので、前の画像のパーツ使いまわしですよ。
いえ、ね、
他のスタッフより、今月の画像が気に入ってない事は聞いてたのですが、
ご家族にまで確認したらしいのですよ。
コレ、どう思う?って・・・したら、大不評だったらしく・・・
コノ人はハロウィンにナンか嫌な思い出でもあるんかねぇ、とか仰ったらしいので、
いやいやいや、ホントにユーモア込めて描いたんですけどねっ!って。
別に放っておいて、このまま使い続ける道もあったのですが、さすがに悪い方の話なのならば、
時間ある時描き直そうか・・・と・・・不本意ですしね、ハロウィンむしろ好きですし。
らくがきみたいな幼稚な絵ではありますが、まぁ、どれも一生懸命に描いております、
その中で、やはり表現する事の難しさ、物言わず伝える事の苦労を改めて感じております。
わざわざワタシの描いた絵で、ご家族との会話をしていただけるなんて、ありがたい限りです。
今後も気にかけてもらえるように、頑張ろうと思います。
はい、
何かですね、今思い付いたんですけども、前回の切られそうになっているカボチャを想像すると、
そのカボチャが怒って追いかけて来たので、ピューって逃げてる図、みたいですね。笑
僅か6日の間の掲載だったか・・・頑張って考えて描いたんですけどね。

十月(2023)のトップページ画像を描きました。

寒い・・・
寒さで目が覚めた今日10月2日、ガラリと空気が変わった気がする。
毛布出そうかしら?
いや、ここは起きたら負けな気がする・・・
気合で乗り切りました。

それはそうと、
先月になりますが、9月29日は中秋の名月と言われる、一年で最も月が綺麗に見える日、とされる日。
ま、される、っていうのは、ワタシ自身が「月なんていつ見ても同じ」を主張するからですけども、
一応撮影しましたので載せておきましょうか。
fullmoon2023_9_29

ね、先月も満月の写真載せましたけども、全く同じですよね。笑

はい、
今月もトップページ画像を新しく描きました。
ハロウィンカボチャの部分は使いまわしなんですけど、
そのカボチャを料理する場面を描いたら面白いぞ、なんて思いまして、ね。
ウサギの手がはたして五本指なのか、というツッコミはおありでしょうけれど、
一か月お付き合いいただけると嬉しいです。

Android13スマートフォンとインプットツールの接続について。

アンドロイド13のスマートフォンを借りる事ができたので、
弊社のインプットツールが接続できるのかを実験いたしました。

android13

今回の実験では、
キーボード設定など行わずに、
スマートフォンの設定から、「言語と入力」の部分、
言語に英語を追加し、日本語を削除、
つまり言語を英語のみにして、メモ帳を開き弊社のインプットツールが使用できるかどうかを試しました。

結果は、無事に使えました。
言語を英語にすると、スマートフォン自体が英語端末の設定になり、
日本語モードでは正常に稼働しないインプットツールが使えるようになったのだと推測されます。
ただし、
全ての表示が英語表記になる為、日本語の説明にしか慣れていないと元に戻すのも難しいかもしれません。
ま、
それは、以前のブログ記載したアンドロイド12や11、8でも同じ事が起きてたので、
今回だけの事ではありませんが、
戻すのに不安な方は、変える前にお知り合いの人に一言声をかけておかれる方が安心かもしれません。

なお、
ブログごとに記載しているので、いちいちうるさい話かもしれませんが、
一応申しておきますと、インプットツールの指定OSはマイクロソフト社のWindowsという事になっており、
全てのAndroidスマートフォンで使用できるとは限りませんので、ご了承ください。

Androidもバージョンが上がる毎にアプリの制限が厳しくなっていると聞きますので、
使用されるアプリケーションなどによっても、使用できるできないがあるのかもしれません。
多種多様なスマートフォン、そして同じく多種多様なアプリケーション、
その組み合わせ全てをテストするのは不可能に近く、
大変申し訳ありませんが、「使えるはずなのですが・・・」というくらいになってしまいます。
要は、日本語入力モードでなければ、恐らく使えると思います、という事で、
計測を行っておられる方々の少しでもお役に立てると幸いです。

写真を見ていただくとお分かりになると思いますが、USB端子はタイプCになっているので、変換アダプタが必要です。
ご注意くださいませ。

他にも
Android12Android11Android8
のページをご参照ください。

九月(2023)のトップページ画像を描きました。

今年は暑くない、と書きました8月のトップページ画像ブログでしたが、
しっかり暑いですね。汗
そうそう、
今年の八月は、実は一か月の間に満月が2度あり、
まぁまあ珍しい月でした。
では、ご紹介していきましょう。
moon2023_8-1
↑コチラが、8月2日の満月ですね。
そして、↓コチラが8月30日の満月・・・正確に言うと、
8月31日が満月なのですが、まん丸になるのが午前10時36分・・・
その時間は月は出ていないので、30日の夕方に撮りました。
実は、その後数時間後、物凄い悪天候になり、月の撮影などできるような感じではありませんでした。
moon2023_8-2
一か月に二度の満月があるのをブルームーンと呼ぶらしいのですが、
まぁ、満月なんてどれ撮っても同じ、を証明した感じですよね。笑

さてさて、
9月のトップページ画像のお話。
今月の画像のアイデアは8月の画像を描いた直後に閃いたのです。
あ、なるほどな、と。
宝石に関係した絵を描く予定でした。
しかし、描いている途中で、これまた突然閃く・・・
アレ?
今年って、ウサギ年??
ウサギだよね・・・9月って中秋の名月だよね?
月・・・ウサギ・・・通常は地球から月のウサギを眺めるトコを、
今回だけに限り、月から地球を眺める、という構図が使える!!
コレが12年に一回のみのチャンス!これは逃す手はない。
急遽描き直しました。

忘れてました、
8月30日に撮影したのは、
8月31日の午前0時54分、この時、月が地球に最大に接近するスーパームーンだったからなのです。
八月の月の事をアメリカ先住民の間では、スタージョンムーンと呼ぶらしいので、
8月30日の満月を、スーパースタージョンブルームーンと呼びますね。笑

八月(2023)のトップページ画像を描きました。

毎日暑い暑い言いますが、
個人的には、私は今年の夏はさほどでも無い、と思っています。
梅雨がつい先日まで続いており、
割と今年の梅雨は、梅雨らしくあり、確かにジトジトはありましたが、
暑い夏と言うよりは、もうお盆明けのちょっぴり涼しくなった雰囲気に似ている、と・・・
加齢の関係で、
ただ鈍くなっており、暑いのをよく分かってない、というヤバさかもしれませんが。
こいう状態は、お年寄りに多いようですから、ちゃんと室温を見て行動しましょうね、
知らずしらずに熱中症になるタイプです。
日差しは強いままですし、帽子無しで外に出るのは危険ですね。
水分とミネラルはしっかり補って、倒れないようにご注意くださいませ。

さて、そんな8月のトップページ画像は、
悩んだ結果、スイカ割りになりました。
インスタグラムで偶然見かけた人がイラストで、「6月のイラスト」っていうのを描いておられ、
隅っこに手描きで6月って描くのが何となく素敵で、
マネしてみました。
シンプルにスイカとウサギのキャラだけにしようかと思ったのですが、
お馴染みオレン爺さんをスイカかぶって埋めてみたら面白いんじゃないかしら?と思って・・・
デコポン婆さんは、8月の岩陰からコッソリニタニタしながら見てたら面白い絵になりそうだな、
なんて考えてたのですが、
デコポンさんはそこまで意地の悪い人ではないので・・・
ま、じゃ、フラダンスでも披露してて、と。笑

「ジブリ展」に行ったの。

事前予約が必要で、コロナコロナ言うてたのがついこの前なので、
入場制限を行っているのかと思っていたのですが、
現地に着くと物凄い人。人、ヒト、ひと・・・
話題になっている「ジブリパークとジブリ展」に行って来ました。

基本的には撮影禁止なのですが、
一部、撮影ができる場所、
そして、カメラを預けてスタッフさんによる撮影ができる場所がありましたので、
これから行かれる方は、準備して行かれるのが良いかと思います。
ghibli3
これは、メイちゃんが「ヴォロー!」って叫んでた家ですね。
この家のミニチュア模型と、実物大の倒れそうな柱、そしてオババ様の部屋の再現、
この三か所が撮影可能でした。(場所としては2か所。)
hibli2
いつも持ち歩いているのに、
美術館は撮影できないだろ、と勝手に思い込んで持参しておらず、
今はスマートフォンで気軽に撮影できる時代ではありますが、
ワタシのスマホは正直そこまで性能良くなくて・・・どの写真もピントが合ってないんですよね。苦笑
ご自慢のソフト「フォトショップ」でピッてゲージをいじりました。

スタッフさんによる撮影は、ねこバスの前での記念撮影、カオナシと一緒に電車に乗ってパシャリ、
この2か所でしたが、撮影の為に長い長い行列に並ぶ羽目に・・・
ま、1グループ1台のみのカメラ、2ショットしかできません、って事なので、
凄い行列もどんどん進んでいきますけどね。

展示物は、
宮崎駿監督よりも、ご子息の吾朗監督の作品が多かったかなぁ。あとはアニメーターさんの紹介なども。
時間かけて見るときっと面白い箇所がいっぱいなので、
皆様もどうぞ行かれてみてくださいネ。
ghibli4

もっとも遅かった。

会社から見える空に、上腕二頭筋を披露している二人が見えるな、と。

そう思ってたら、他の人から情報が入りました。
本日、山口県は九州北部に含まれているのですが、九州北部が梅雨明け、
しかも、梅雨に入る地域で一番最後の梅雨明け宣言だったみたいです。

tuyuake2023_2
さっきのモリモリ雲は、かなとこ状に変化したみたいです。
かなとこ、というのは金の床と書き、金属を熱して打ち付ける台の形に似ているからそう呼ばれるそうですが、
積乱雲が巨大化し過ぎて、大気圏に到達、それ以上大きくなれないので、
頭を押さえつけられたまま広がる。ので、特徴的な形になる、というモノ、と記憶しております。
ただ、このかなとこ雲の下は大雨と聞くんですよね・・・
どうも・・・降ってなさそう・・・なので・・・違うのかもしれません。
tuyuake2023_3
大きな雲が出ていそうなので、ちょっとだけ撮影に出ました。
おぉ、イイね、久々に大きな雲を捕らえた気がします。
tuyuake2023_4
こっちもかなとこ状になった気がします。

ちょっと調べてみたのですが、
「九州北部地方が最も遅い梅雨明けとなるのは、梅雨明けが特定できなかった年を除くと1970年以来2度目です。」と書かれているのを見つけました。
おぉ、結構珍しい年なのかも?

センジョーコースイタイという聞き慣れなかった名前も、今や普通に聞くようになりました。
今年の梅雨はしっかり降りました。
山口県西部では大雨の被害なども起きたみたいですが、
こちらはそこまでの被害は耳にしておりません。夜中にアラートが鳴ってビックリしましたけどね。
被害に遭われた地区の方々、お見舞い申し上げます。
災害は、いつどこに襲って来るやも分かりません、皆様もどうぞ備えを十分になさって、いざという時に慌てないようにされてくださいね。
ウルサイようですが、日ごろから常に考えておく方が良いと思います。

日本画で風景画その2。

2021年3月5日に日本画で風景画に挑戦 という記事を書いたのですが、
それ以来ですね、風景画は描いてないのです。

今回久しぶりに風景に挑戦しようと思ったのは、
その直前に描いてたハナミズキの絵を挫折したからでした。
guardrail7
本当に自分の中では珍しいくらいに絵の具を重ね、何とか着地点を見つけようともがいたのですが、
和紙がたわむ・・・もう少し分かりやすく言うと歪む・・・
水気の多い日本絵の具をザバザバ和紙の上に置いていけば、
乾燥の際に紙が異様に変形してしまってもおかしくはないですね、
そういう厚塗りの経験が無かったものですから、
その辺りを想定できませんでした、というミスもあり、あと単純に白いハナミズキの色を完成させる事ができなかった、というのもあります。
何度か白い花を描いた事はあるのですが、白い花を魅せるって難しいですよね。
紙が歪んでしまうと、絵の具が変な風に乗っちゃうので、続行不可能、としましたが、
まぁ、構図も元々良くなかったし、反省点多い絵となりました。

今回の絵もフリーハンドでサクサク進めますよ、
ものさし使うと大変・・・おっと、ごフォんゴふぉン・・・
手描きの良さをお伝えいたしますよ。笑
guardrail2
実は、大慌てで完成を目指したので、
集中力を欠いたのかもしれません、和紙を板に貼り付けて翌日見てみると・・・
guardrail3
写真でお分かりになりますでしょうか?
乾燥した時点で、もう既に歪みが・・・
これ続行不可能ですけども・・・まぁでも、まだ何の色も塗ってないのでちょっとこのままいってみようか。
一旦少し色の付いた土を薄っすら塗って乾かすと、色ムラはできていましたが、
和紙の歪みがあまり気にならないくらいにピンと張ってくれました。
よしよし、じゃこのまま続けてみよう。
今回は前回の風景画同様に、冒険はしない。
水彩画家が風景を描くように塗っていきます、
とは言え、やっぱり日本画の絵の具は被覆力があるので、一回下塗りでほんの少しだけ遊んでみます。
guardrail4
意識してなかったのですが、写真撮ってみると、信号機だな、と。
はい、
そして完成!
バーン♪
guardrail5
の裏から見た写真でしたー。笑
コレって、作者しか見る事のない貴重な写真だと私は思っています。
今回のこの作品、
実は初のB4サイズ作品なんです、
直前のハナミズキが初、という事にしたかったのですが、失敗しちゃったのでこの風景画が初のB4です。
額買って来て額装してみました。
もちろん、100円均一ショップです・・・が、200円しました・・・A4は100円なんですけどねぇ・・・
guardrail6
書を入れて落款を押しております。
手前に大きくガードレールがある構図ではありますが、
見ていただきたいのはその後ろにそびえる山、会社からも見える「頂海山」という山なんです。
不思議と山に目が行く・・・と、
私は思って描いたのですが、いかがでしょうか??