嵩山に登る(天狗岩編)。

周防大島の山々を紹介するブログ第三弾、嵩山へ登るカッコ天狗岩編カッコ閉じるです。
ま、第一弾の文殊山は結局登れてませんけどね。文殊堂を目指す!
そうそう、そもそもアレは、山登りが目的ではなくて、文殊堂を目指したんだった。

さて置き、
嵩山・・・他のスタッフの話によると、小学生の頃に遠足で登る山らしく、そんなに急でもなし道も良いし歩きやすいよ、と。
なるほどなるほど。
そして何より、今この周防大島でのフォトジェニックナンバー1な写真を撮るスポットとして有名なTAKE OFFの文字が書かれたパラグライダーのフライトポイントがある山、
こちらは、大島の結婚式での撮影ポイントでもありますし、前々から行きたいとは思ってた案件。
早速行ってみた。
バン!
dakesan2
うぉぉぉ!
え?
ん?・・・
違うの?
dakesan3
確かに違いました・・・ショボーン・・・
はい、コチラ↓橘ウインドパークと言いまして、まずはここで練習しましょ、という所。
dakesan4

はい、続けます。
このウインドパークから撮った嵩山がコチラ。
dakesan5
標高619mの山、今までの文殊山、飯の山とは格が違う気がします。
dakesan6
そしてココだー!嵩山に登るならば、TAKE OFFだけじゃない、絶対にココも行くべきポイント展望テラス。
うーん、楽しみ♪
何より、道が良いっていうのが良いじゃないの。(鵜呑み)

さて、ウインドパークより数日、梅雨時期なのに天気もまずまず。
dakesan7
他のスタッフも背中を押してくれた事だし、旅立つか。
dakesan8
目的としていた岩屋権現に到着!
えぇぇぇ!イキナリかい?!と。
いや、ね、
あの・・・一人でやっているものですから、途中の写真とか無理でした。
ただまぁ、ハッキリと言っておきます。
ここに車で登るまで・・・死ぬかと思った・・・
以前、帯石観音までは行った事があります。
そして、道なき道を進み、天狗岩を目指した話はブログに記載済み、もしよろしければ読んでみて下さいネ。
延命の滝と帯石観音
だから、
大島オレンジロードを一つ中に入ると道が細い事は知ってた。
細っ、って改めて思ったけど、まぁ、田舎道、こんなもの。
で、分岐点、
今回は帯石観音に向かわずに嵩山への矢印がある方に進む。
dakesan9
あぁ、コリャダメだわ、と思ったから、岩屋権現に着いた際にすぐに撮った写真がコレ↑分かりますか?
木漏れ日の明暗が凄い事。
これを撮影した時刻が写真のプロパティによると、12時44分。
帰って調べてみたのですが、この日の太陽高度が一番な時刻が11時45分。
12時45分では、この高度が最高時点から5度程下ではあるが、まぁ真上から垂直に車までの陽射しがあったと思われます。
道は、まあまあ良かったですよ、飯の山よりもよっぽど登り安い。
だけど、時間がダメだったね。泣
光、影、光、影、光、影、光、影・・・もう、目に日差しと暗がりが一気に襲い掛かるのよ。
しかも片眼づつ、例えば右目が光で左目が影とかもある訳ですよ、もうそうなると前が一切見えません。
瞬間で、光、影、光、影、光、影・・・脳が対応しきれない、目の前真っ白。死ぬ、って思いました。
あまりにも危ないので、ゆっくり進んだところであまり変化なしでした。
太陽高度、しっかり調べてから登りましょうね、こちらのブログを読んで下った皆様。
今回、唯一の使えるアドバイスでした。

さて、歩いて天狗岩への道を下ります。
dakesan10
よし、ここから下るんだな・・・
前回の天狗岩ブログでは、細い金属ハシゴのみ・・・恐怖しか無かったですが、
今回は何となく行けそうです。ガイドブックも見たし、ここから60メートルくらいだって。
ワクワク・・・



わ・・・
dakesan11
く・・・
dakesan12
わ・・・
dakesan13
く・・・
シネーヨ!!怒
コォレ、道ナンデスカ!!
ぞわぞわしたからね自問自答してみたよ、ね?引き返す??
ね、戻る??
ネ、帰る??
ポジティブな意見一切出ない。
マジでヤバイ!登る月、間違えたー!!
秋とか冬とかがイイゾ絶対!
ざわざわざわざわざわざわ・・・
dakesan14
危険、絶対危険!
心臓バクバクバクバク、帰るかマジで、もう来ない?折角ココまで来たのに?
とりあえず一回行ってみよう、もう二度と来ないでいいから、頑張ろう!
何の為に、あの目ぇチカチカ地獄を味わったのサ?
兎に角、行こう、これ以上ワサワサだったら戻ろう・・・腹を括った。
恐る恐る進むも、普通の仕事の靴、ステーーーン!足を滑らせて、二度後頭部を打ちました。
それでも気を付けてたつもりですよ。安易にこういうトコに来るな!と。笑
下、柔らかい土で助かりました。でも、
シダ植物がもわもわもわもわもわもわ・・・
ゾゾゾゾゾ・・・
もぅね、怖いったらない、何で私の冒険、いつもこんななの?
いや冒険しに来た訳じゃないって!
どっちかと言うと観光よ・・・
dakesan15
という泣き言を一人ぶつぶつ言ってたらイキナリ視界が開けます。
パーーーン!
dakesan16
コォレェはスゴイ、キター!
で、後ろを振り向く・・
dakesan17
オイオイ・・・
前を向く。
dakesan18
後ろ。
ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・
dakesan19
もう、ずっとココに居ようカシラ・・・??
dakesan20
そんな訳にはいかないので、もう一度腹を括る・・・モウ二度と絶対に天狗岩、ナイ・・・
道じゃネーじゃネーか!怒
dakesan21
やり場のない怒りに任せグイグイ戻りましたよ。はい、ここまで戻ればもう怖くない。
この写真見て、まだ安心できない人がいらっしゃったら、もう1mmも天狗岩には近付かない方がいいってば、よ。笑
dakesan22
日差し、ちょっとだけ和らいだ感じが分かりますか?
写真のプロパティを見ると13時03分でした。
たったの15分でもかなり違う気がしました。
車で嵩山を目指すならば、夏場は絶対に避けて、あと、お昼の時間帯は絶対にNGです。
はい、すみません、いろいろ書きたいんですけど、一旦休憩させてください。
では、また、お楽しみにぃ~